2013年10月31日木曜日

マイナビニュースに梅田インストラクターが登場

 


マイナビニュースのキャリア部門にてダイエットインストラクター

について、紹介する企画があり、当協会より梅田インストラクターが

インタビューを受けました。


 

当協会のコンセプトを上手く説明しながら、

ダイエットインストラクターとしての活躍や

ダイエット成功法についてなど、現在も医療現場の最前線に

いる梅田インストラクターのインタビューはタメになるものばかり!

 

ダイエットインストラクターを検討されている方は是非

ご参考にして下さい。

 

更に、梅田インストラクターの御主人も当協会の

ダイエットインストラクターとして活躍されているだけでなく

三重事務局も務めております。

 

三重会場の情報はこちらからもご確認頂けますので是非ご覧下さい。



☆ランキング参加中!バナーをクリックして頂けると幸いです。☆
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


2013年10月24日木曜日

『素晴らしい一日』(雑誌)に溝口幹子理事が登場



当協会の強みでもある、一つの知識に固執せず、

様々な分野の専門家が集結して正しいダイエットを

普及させている中で、美容に関して信頼の厚い溝口理事が

本誌の中で「若づくり」じゃない「若返り」のエイジレス術を

9ページにわたって紹介しております!



☆ランキング参加中!バナーをクリックして頂けると幸いです。☆
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


2013年10月18日金曜日

ママハピEXPOにて古谷代表理事が“産後のダイエットと体調管理”について講演

『教育・はたらく・育児からママをハッピーに』をコンセプトに
活動しているmamahapi(ママハピ)が主催する
「ママに輝きをプラス!ママハピEXPO2013」にて古谷代表理事が“産後のダイエットと体調管理”について講演を行いました!


更に、同会場では当協会も共同監修を行う、和ハーブダイニング&バーsarAsaも和ハーブディップの試食会を行いました!

mamahapi(ママハピ):http://www.mamahapi.jp/
和ハーブダイニング&バーsarAsa:http://sarasa.info/


☆ランキング参加中!バナーをクリックして頂けると幸いです。☆
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


2013年10月17日木曜日

第34回日本肥満学会の学会報告

10/11~12 第34回日本肥満学会(東京国際フォーラム)
今回は参加だけで発表はしませんでしたが気になったことだけ報告します。

教育講演やシンポジウム及び研究発表等があった中で「糖質制限」についての最新研究をピックアップします!

「肥満者の減量に於いてはPFCに関係なく摂取総カロリーを減らすことで達成できる」 太る原因は食後血糖値の過剰であり、カロリーではありません。
もちろんカロリー過多は、食事量の過剰になるのでその分の糖質も増えて食後血糖値も上昇し過ぎますが、血糖値を上げるのはカロリーではなく糖質(炭水化物)ですのでPFCバランスの考慮は欠かせません。
※P(Protein=タンパク質)、F(Fat=脂質)、C(Carbohydrate=炭水化物)

「糖質制限すると早期に減量できるが糖質を制限した分、脂質やタンパク質が過剰になる」
食事に占める糖質(炭水化物)はご飯などの主食で、タンパク質は肉や魚介類などの副菜ですが、脂質の割合は肉や魚に含まれたり、調理に使う油脂が殆どで脂質の食品はありません(バターやラードを食べる方は別ですが…)。
従って、糖質制限して食事量を減らさなければタンパク質は増えますが、脂質については調理法を考慮すればそれほど増えることはありませんし、タンパク質の比率は増やした方が痩せやすくなります。

その他、実証研究で糖質制限の有効性を認めているにもかかわらず色々こじつけながらカロリー制限を優位に立たせようと躍起になっていました。

極端な糖質制限はNGとか当たり前ですし、中には糖質制限のデメリットとして、「肉が増えるので食費がかさむ」と言うのがあり苦笑してしまいました。

食費がかさむ何て余計なお世話…、確かに食生活には経済的な理由も考慮しなくてはなりませんが、こんなの科学ではありません!

糖質制限食は状況によって対処法を変えなければならないのです!

糖尿病の方の食事療法はむしろ極端な糖質制限を奨めますが、通常の減量(ダイエット)はいつもの食生活を大きく変えないことを考慮しながら間食の糖質だけは制限して、特に夕食は低GI食(食後血糖値を抑える食事)にします。

医学会ではまだまだ根拠に乏しいカロリー指導が主流であり、糖質に注目した研究や指導の報告は少ない気がしますし、GI値の研究に至っては少数派です。

※永田理事のFB投稿より引用



☆ランキング参加中!バナーをクリックして頂けると幸いです。☆
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


2013年10月2日水曜日

ダイエット講座~GL値/ヒートショックプロテイン編~開催!


「低インシュリンダイエット」の提唱や、史上最も売れたダイエット本の著者でも有名な永田先生を講師に招き、冬前にとっても役立つヒートショックプロテインやGI値が基本となるGL値についての講座を行って頂きます。
更に講座内には質疑応答の時間も設けておりますので、日頃の疑問点や知りたかった内容を
クリアにする良い機会になりますので、皆様のご参加心よりお待ちしております。


《日 程》2013年11月4日(月・祝日)

《時 間》14:00~17:00

《内 容》GL値/ヒートショックプロテイン その他ダイエット知識
※永田先生へ自由に質問できる質疑応答の時間も設けております。

《講 師》永田 孝行

《場 所》日本ダイエット健康協会 東京本部
東京都港区麻布十番3-3-8 麻布共和ビル4階

《料 金》一般価格:¥4,250(税込) / 当協会認定インストラクター価格:¥3,500(税込)

《申込締切》定員になり次第締め切らせていただきます。

【お申込】コチラ

☆ランキング参加中!バナーをクリックして頂けると幸いです。☆
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加